連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
2019年の「摂津祭」で運営に当たる学生たち
拡大
2019年の「摂津祭」で運営に当たる学生たち

 甲南大学岡本キャンパス(神戸市東灘区)で29~31日、「摂津祭」が開かれる。毎年、この時期に行われる学園祭で、昨年はコロナ禍で中止になったが、今年は学外の参加も受け入れる予定(事前申込制、定員あり)という。

 目玉は女優の久間田琳加さんを迎えてのトークショーや、文化部によるステージパフォーマンスなど。今年からの取り組みとして、オンライン配信も予定している。模擬店や文化部の展示もイベントを盛り上げる。

 摂津祭は学生による実行委員会が企画し、計11局が5月から準備を進めてきた。PR局では、学生になじみのあるマスコットキャラクター「なんぼー君」を描いたカウントダウン看板や、今年のテーマである「おかえりな祭(さい)」をPRする横断幕を制作。プロコンサート局はチケット販売などに汗を流している。

 同大学3年で実行委員長の河端宏次朗さんは「史上最高の摂津祭を届けられるよう、精いっぱい頑張りたい」と意気込んでいる。

 (甲南大学マネジメント創造学部2年・三木爽史)

2021/10/13
 

天気(12月8日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ