連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
関西学院大応援団総部の増田裕太さん=西宮市上ケ原一番町、関西学院大
拡大
関西学院大応援団総部の増田裕太さん=西宮市上ケ原一番町、関西学院大

 「競技にあってもなくてもよいのが応援団。真っ先に切られる存在だと思い知った」。関西学院大学応援団総部指導部(兵庫県西宮市)の増田裕太さん(21)は悔しさをにじませた。

 大学3年で体育会の応援を取り仕切る渉外担当になったが、新型コロナウイルスの影響で、年間100回近くあった応援の機会は、アメリカンフットボール部の2試合だけに激減。何かできないかと応援動画を作り、慣れない無観客試合に出場する選手を支えた。

 増田さんは静岡県生まれ。私立藤枝明誠高校(同県藤枝市)の応援指導部で、甲子園に初出場した野球部の背中を押した。全校生徒を巻き込んだ応援をつくる魅力が忘れられず、大学でも応援団に進んだ。

 今年1月、指導部長になったが、コロナ禍による部員の経験不足が気がかりだ。学年を超え、コミュニケーションを取って指導部を率いる。「(最高学年で行事を率いることを楽しみにしていたのに)嫌な年に生まれてしまった。それでもできることを全力でする」

 (関西学院大学法学部3年・松岡樹)

2021/3/10

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ