連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
1941年に神戸女子神学校と、ランバス女学院が合併し成立した聖和女子学院(関西学院提供)
拡大
1941年に神戸女子神学校と、ランバス女学院が合併し成立した聖和女子学院(関西学院提供)

 関西学院大には、学生が使う主要なキャンパスが三つある。文系学部を集約する西宮上ケ原キャンパス、理系と総合政策学部を設置する神戸三田キャンパス、そして教育学部などがある西宮聖和キャンパスだ。このうち西宮市岡田山にある西宮聖和キャンパスにのみ、地名以外の文字が入っている。そこには、かつて存在した聖和大と、その前身学校の歴史が刻まれている。

 「聖和」は、1941(昭和16)年に神戸女子神学校と、ランバス女学院が合併し成立した聖和女子学院に由来し、「聖なる和合(Holy Union)」を意味する。

 神戸女子神学校は1880(明治13)年から続く、日本初の女性伝道者養成の聖書学校だった。またランバス女学院は、その設立に関学大創立者、W・R・ランバスの母、M・I・ランバスが関わっている。関学とのつながりは西宮に校地を置いたことだけでなく、キリスト教に基づく思想にもあった。

 聖和女子学院は戦後に短大を設置、続いて聖和女子大が開学し、後に聖和大となる。2009年に学校法人関西学院と学校法人聖和大学が合併。現在の西宮聖和キャンパスには教育学部、聖和短大、関西学院幼稚園がある。

 01年に大阪教育大付属池田小学校で起きた殺傷事件を受け、聖和大の学生が地元・上ケ原小学校児童の見守りを始めた。その活動と奉仕の精神は関学大教育学部の学生にも受け継がれている。

(関西学院大法学部3年・松尾明彦)

2018/7/11

天気(4月6日)

  • 16℃
  • 7℃
  • 10%

  • 15℃
  • 5℃
  • 20%

  • 16℃
  • 7℃
  • 10%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ