連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
4月21日、神戸ポートピアホテルで開かれた創立100周年記念式典・祝賀会
拡大
4月21日、神戸ポートピアホテルで開かれた創立100周年記念式典・祝賀会

 甲南学園は1919(大正8)年の創立以来、大きな節目となる100年を迎えた。長きにわたり研究や学びを積み重ね、歴史を紡いできた。

 4月21日、神戸ポートピアホテルで開かれた創立100周年記念式典・祝賀会には、学園の卒業生や在校生ら関係者、来賓など約1400人が集まった。会場は甲南一色に染まった。

 出席した卒業生の中には名だたる会社の社長や会長などの姿も。これまで甲南学園はさまざまな業種の経営者や教育者など、多様な場で活躍する人材を育成してきた。卒業した彼らは今、神戸を支え、経済や文化を先導している。

 芸術の面でも人材を輩出してきた。記念式典・祝賀会では卒業生らがその技を披露した。能楽囃子(はやし)方大倉流小鼓方十六世宗家の人間国宝、大倉源次郎さんらによる能「石橋(しゃっきょう)」。トランペッターの黒田卓也さんらによるジャズ演奏。甲南を出て、多様な分野で活躍している人が多いことを証明した式典となった。

 会場では、在学当時の思い出を語り合う姿を見かけた。進路選択のときに父親から「甲南に」と言われたこと、部活を立ち上げたこと。楽しかった記憶も苦労した経験も含めて、良い思い出として語っているようだった。

 次の100年を担うのは私たちやその後の世代だ。卒業生からのバトンを受け継ぎ、神戸そして甲南を支えたいという思いを強くした。150周年記念式典が開かれるときに、招待されるような人になる努力を続けていきたい。(甲南大文学部4年・金沢舞奈)

2019/6/12

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ