連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
中村有社(ゆうと)さん
拡大
中村有社(ゆうと)さん

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言で、神戸学院大では前期授業開始日が当初予定の4月8日から5月11日に変更された。本学生にとっては長過ぎる春休みとなった。

 高知県出身で1人暮らしをしている同大心理学部心理学科3年生の中村有社(ゆうと)さん(20)は長い春休み中、自身が運営しているブログの更新、ライターの仕事に時間を費やしている。音楽分野が中心で、主に最近流行の曲や邦楽について、自身の考察や感想などを書いている。

 以前はアルバイトだけが学生のお金を稼ぐ手段と考えていたが、「自分の力で稼ぎたい」という思いからブログ活動を開始。その後、大学の授業で鍛えた文章力を生かし合計170記事を作成、月間4万5千ページビューを獲得した。

 このように、春休みの過ごし方を他の学生たちにも聞いたが、それぞれ資格の勉強やアルバイトなど今できることを行っていた。私自身もそうだ。ゴールデンウイークは、県外の実家へ帰省することを自粛した。楽しいキャンパスライフを送ることのできる日が待ち遠しい。(神戸学院大心理学部3年・明石健太郎)

2020/5/13

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ