連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
関西学院大学新聞のページ
拡大
関西学院大学新聞のページ

 私の住むマンションのオートロック鍵がIC化された。カードをタッチするだけの手軽さはうれしい限りだ。ただし、カードが破損したら昔ながらの鍵が必要になる。薄いカードを大切にするという信頼性がその前提にある。

 手軽さといえば、関西学院大学新聞総部にもその波は来ている。今年からインターネットで、大学新聞を記事ごとに公開し始めたのだ。

 今までも紙面のPDFファイルは無料で公開していた。だが、記事ごとに公開することで記事を探す手間が省け、手軽に携帯などで読めるようになった。一方で、こちらにも信頼性の問題がある。新聞総部は紙媒体の発行で、教員や学生から信頼を得てきた。形をもって世に出る以上、取材にも執筆にも手は抜けない。だからこそ、誇りをもって人に見せることができた。

 近い将来、後輩たちが、速報や記事を電子版限定で公開するかもしれない。その際に「電子版なので、誤植や表記ゆれ、事実確認不足があっても修正できる」という意識にはなってほしくない。

 私は電子版に賛成である。なんといっても見える読者がいて、記事に反応してくれるというのは、執筆のモチベーションが上がる。昨今の会員制交流サイト(SNS)の拡散力はすさまじく、4月発行号の論説は、引用されてコメントもついた。筆者は満面の笑みになっていた。

 新聞総部の後輩たちは新入部員獲得で忙しそうだ。先輩からのおせっかいだが、新入部員を獲得する鍵は、これも「信頼」だと書いておこう。(関西学院大法学部4年・松尾明彦)

2019/5/15

天気(7月12日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 30%

  • 26℃
  • 22℃
  • 40%

  • 27℃
  • 23℃
  • 40%

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ