連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 9月、甲南大岡本キャンパスに開設された新校舎「KONAN INFINITY COMMONS」は、学生のための福利厚生施設だが、一部は地域に開放され、書店やカフェは近隣住民ら一般市民も利用できる。

 新校舎の愛称は「iCommons(アイコモンズ)」で、延べ床面積約1万4千平方メートル、フロアは地下1階から地上4階まである。正面から入ってすぐ目に飛び込むのは大階段。これは、講演会などの際に客席にもなる。建物内は、大階段を中心に4階までの吹き抜けになっている。壁にはガラスを多用している。

 1階には1300人が入れる食堂のほか、喫茶店の「PRONTO」も。ランチタイムは混雑するが、それを外せば静かな時間が楽しめる。

 4階には「TSUTAYA BOOKSTORE」。カフェスタンドが併設され、買った本をその場で読めるスペースもある。大阪湾と六甲の山並みを眺めながら、本と淹(い)れたてのオリジナルコーヒーで一服することができる。

 同キャンパスの近くに住み、初めてiCommonsに来たという上田洋子さん(73)は「まるで大きな商業施設のよう。これから、主人との散歩がますます楽しみになります」と話した。

 このほかにも一般市民が利用できる施設やイベントが充実している。休業日は授業のない日曜祝日。開店時間は店舗によって異なる。ホームページで詳細を確認できる。http://www.knu.jp/info/Index.html

 (甲南大マネジメント創造学部3年・若林瑞穂)

2017/10/11

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ