連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
「ささやま家」を運営する実行委員会
拡大
「ささやま家」を運営する実行委員会

 神戸大でかつて催されていたオールナイトの学園祭「厳夜祭(げんやさい)」に出店し、大人気だった飲食店「ささやま家」が、19日午後5時~翌20日午前7時、神戸市灘区神前町1(阪急六甲駅南側)の居酒屋「食どうらく達(だち)」を借り復活する。

 篠山市で育った食材を振る舞うのが特色で、目玉は特産品の黒枝豆。素材本来のおいしさのままに提供する。ささやま家は2014年まで厳夜祭に出店し、朝まで客足が絶えなかった。今年は初の学外開催となり、地域住民の来店も期待される。

 運営するささやま家実行委員会=写真=は、篠山を拠点に活動する四つのボランティアサークルの有志21人でつくる。イベントの収益は今後の活動費に充てる。メンバーで大学院理学研究科博士課程前期の鈴木太郎さんは「楽しんで準備してきた。当日はルールを守って、一緒に盛り上がりましょう」。問い合わせは実行委(sasayamaya.night@gmail.com)。

 (神戸大経済学部3年・内田勇希)

2016/11/2

天気(10月24日)

  • 20℃
  • 15℃
  • 10%

  • 19℃
  • 13℃
  • 50%

  • 20℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

お知らせ